読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こずえのなんでもレビュー

こずえがちまたにあふれる商品やお店をきままにレビューしていきます。参考になればうれしいです。

「あいつは顔はかわいいけど、ペチャパイ!!」 小4女子の悲しい現実

小学4年生の娘の悩みごとは

 
胸がペチャパイ
 
なこと。
 
って小4やねんから、
 
「当たり前やろ⁉」
 
と思いますが、
 
クラスの女子たちは小学3年生位から、
 
「胸が痛い!!」
 
と言い出してるそうです。
 
娘は全く胸が痛くないので、一時かなり悩んでました(^_^;)
 
母親からのアドバンスとしては、
 
「歯が抜ける時期も人それぞれちがうように、胸の成長も人それぞれちがうよ。
 
早いからよいとか遅いからよいとかはないよ。」
 
と話しましたが、本人は「納得していない!」といった感じでした。
 
それから、「胸のいたみ」の話は娘のまわりで一段落したのか、家でも全く話題に出ていませんでした。
 
しかーし、
 
娘の通っているスイミングスクールの駐車場で、たまたま主人の母がスクールバスから降りる娘を待っていたとき、
 
娘と同じスクールバスから降りてきた小学5、6年生ぐらいの男の子が、
 
「○○(娘の名前)は顔はかわいいけど胸がない、
△△のほうが胸があるから好き。」
 
と歩きながら話しているのを聞いたそうです。
 
主人の母からは、
 
「○○ちゃんピンチ」
 
とラインが来ました。
 
次回のスイミングスクールまでに水着に胸パットを付けてあげようと思いました( ´∀` )←よけいペチャパイになるわ(笑)
 
せめてもの救いは、
 
「顔はかわいい」と聞けたことですが、
 
胸に関してはまだまだ第二性徴の真っ只中です。
 
長いスパンで娘の胸の成長を見守ってほしいです。